The Shoes – How We Started


Anchor Bridgeの原点は、靴作りにあります。

奇を衒わず、派手さはないが、なぜか目を惹きつける佇まい。
使い手の身体に馴染む、一段上の使い心地。

より美しく、完成度の高い一足を生み出すために、革の厚みやしなやかさ、質感、そして糸の色や太さなど、素材ごとの特性を生かした組み合わせと、機能的な構造、無駄のない生産工程を考え抜くこと。

靴作りの奥深さに魅了された村橋由紘は、靴学校やシューズメーカーで技術を磨く日々を通して、人に寄り添う“道具”としての革製品への情熱を高めていきました。

“Meaning of Making by Hand”(手でつくることの意義)を問い続けながら、使う人や場所に馴染んでいく“余白”と“機能美”を追求するAnchor Bridgeの製品は、その随所に靴作りの技術と哲学が生かされています。

Ordering Information


Coming Soon...